img_02

合同説明会は眠くなる

学校の授業で考えたらわかりやすいですが、基本的にテキストを自分で読んだりした方が早いという経験をした人は多いでしょう。


意味がないというわけではないのですが、基本的に合同説明会は効率の良いものではないです。

音声媒体で聞きたいのであれば、動画を倍速再生すれば合同説明会よりも効率的でしょう。
倍速再生したら頭に入りやすいです。



口頭で人間が話せる速度には限界があり、聞き手の情報処理速度とのギャップがあります。
そうすると聞きて側は退屈して眠くなってくるのです。間のときに考えて情報を整理するのは良いことでもあるのですが、だいたいの話はそれほど難しいものではないので単純に暇を持て余して眠くなるだけになります。



人間の脳はぼーっとしている間に記憶の整理をしていますが、それをわざわざ合同説明会のときにやる必要もないでしょう。

快適生活!一戸建てメリメリメリットの欲しい情報が手に入りました。

なので、文字情報か動画でさっと情報処理していけば効率的です。

ぼーっとして整理するのはコンテンツを見ているときではなくてトイレやお風呂でやれば良いでしょう。あとは自分のペースで休憩すればよいです。


また説明会中に話が退屈でボーっとしたモードに入ってしまうと、戻ってくるのが難しいです。


話に間があるたびにぼーっとしてしまうので、そのうちぼーっとしてるだけで聞いてなかったということはありがちです。
多くの人はこのような経験をしているはずです。

これは情報を発信する側と受ける側の処理速度の違いが起こしています。